黄蜀葵
DSC_0084.jpg
トロロアオイ:アオイ科
抄紙用粘剤「ネリ」(根)
流し漉きでは、トロロアオイの根をすりつぶして出る粘液をネリとして使う。
水を張った漉き舟に和紙の原料(靭皮繊維)とネリを入れよく撹拌すると、
原料はすぐに沈殿せず、繊維がよく分散した紙料液になる。
これを簀桁ですくい、前後に揺り動かし紙を漉く。左右にも少し。
厚さなど紙の仕上がり具合は、原料の量、ネリの具合、
簀桁を動かす回数などで変り、すべて職人さんの経験による。
素人じゃ簀桁を水平に動かすのもままならない。
ネリに使うトロロアオイに花は不要なために摘み取る。
軽く茹でてポン酢とかで食べるとうまい。

花オクラとか、通和散とか呼ばれたりもする。
固定リンク comments(0) trackbacks(0) この記事を編集する
<<暗闇の庭で音がするから | 皀莢 >>
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
SEARCH THIS SITE.
TAGS